ja

ESMA最終報告書

  • 製品 記事 EUクラウドファンディングプラットフォームの移行期間
この記事は法律上の助言ではありません。

EUにおけるクラウドファンディングサービスの提供の移行期間

19.05.2022

最終報告

規則(EU)2020/1503の第48条(3)に従って移行期間を延長する可能性に関する委員会へのESMA技術的アドバイス

ESMA
2022年5月19日
ESMA35-42-1445

  1. 目次
  2. キーポイント
  3. 全国ベースでのみクラウドファンディングサービスを提供するクラウドファンディングサービスのプロバイダーへの規制の適用
  4. 国内クラウドファンディング市場の発展に対する規制の影響
  5. 移行期間の延長の関連性

2. キーポイント

掲載の理由

規則(EU)2020/1503(「ECSPR」)の第48条(1)は、「国内法に従って提供されるクラウドファンディングサービスの移行期間」を規定しています。特に、クラウドファンディングサービスプロバイダーは、適用される国内法に従って、2022年11月10日まで、またはECSPRの第12条に従って承認が付与されるまで、ECSPRの範囲に含まれるクラウドファンディングサービスを提供し続けることができます。 。、どちらか早い方。

ECSPRの第48条(3)は、欧州委員会(「委員会」)は、欧州証券市場監督局(「ESMA」)と協議した後、移行期間の延長が言及されたかどうかの判断に関連する特定の側面を評価する必要があると規定しています。第48条のtoが適切です。(1)。 ECSPRを使用することをお勧めします。

2022年3月29日、ESMAは、2022年5月27日までに、ECSPRの第48条(3)で言及されている側面に関する技術的アドバイスを提供するという正式な要請(委任)を委員会から受け取りました。

  • 全国ベースでのみクラウドファンディングサービスを提供するクラウドファンディングサービスのプロバイダーへの規則の適用について。
  • 国内のクラウドファンディング市場の発展と資金調達へのアクセスに対する規制の影響について。と
  • 移行期間を延長することの妥当性について。

アドバイスを提供するための時間的制約を考えると、ESMAは、国内当局、主要な利害関係者、および主要なヨーロッパの消費者団体との対象を絞った非公開協議のみを実施しました。

ESMAは、次の22の加盟国のNCAからデータを受け取りました。 AT, BE, BG, CY, CZ, DE, DK, EE, EL, ES, FI, FR, HU, IE, IT, LU, LV, MT, NL, PL, RO, SK.

コンテンツ

最終報告書には、ESMAからの技術的アドバイスが含まれています。セクション3は、全国ベースでのみクラウドファンディングサービスを提供するクラウドファンディングサービスプロバイダーへの規制の適用を扱い、セクション4は、国内のクラウドファンディング市場の発展と資金へのアクセスに対する規制の影響を扱い、セクション5は関連性について説明します。移行期間を延長します。

次のステップ

最終報告書は2022年5月27日に欧州委員会に提出されました。

定義と略語

  • ECSPR-企業向けクラウドファンディングサービスの欧州プロバイダーに関する2020年10月7日の規則(EU)2020:1503
  • KIIS-第23条ECSPRで言及されている主要な投資情報速報
  • NCA-国家管轄当局
  • Q&A-質問と回答

 

3. 全国ベースでのみクラウドファンディングサービスを提供するクラウドファンディングサービスのプロバイダーへの規制の適用

 

3.1. 委任

委員会の助言要請からの抜粋

ESMAは、規則の第48条(3)に従って、より具体的には以下の側面に関して、国内法の下ですでに認可されているクラウドファンディングサービスプロバイダーの移行期間を延長する必要性を検討する際に委員会を支援するための技術的アドバイスを提供するよう求められます。

  • 全国ベースでのみクラウドファンディングサービスを提供するクラウドファンディングサービスのプロバイダーへの規則の適用について。

 

3.2. 分析

3.2.1. 移行期間の恩恵を受けるクラウドファンディングサービスプロバイダーに対するECSPRの予想される影響

  1. ECSPRの第48条(1)は、「クラウドファンディングサービスプロバイダーは、適用される国内法に従って、2022年11月10日まで、または許可が与えられるまで、この規則の範囲に含まれるクラウドファンディングサービスを提供し続けることができます。第12条のいずれか早い方に。」
  2. 2021年11月10日に公開された質疑応答で、委員会は次のように明確にしました。どの「国内法」は、特定のクラウドファンディング制度またはその他の適用法、あるいはその特定の加盟国でのクラウドファンディング業務に適用される単に私法のいずれかである可能性があります。」
    Q&A 2.1
  3. その結果、ECSPRの発効前(つまり2021年11月10日)に活動していたほとんどのクラウドファンディングプロバイダーは、現在、ECSPRの第48条(1)に定められた移行期間内に国内法の下で運営されています。
  4. NCAから受け取ったフィードバックに基づくと、関連する国内法からECSPRフレームワークへの移行は、連合全体のクラウドファンディングプロバイダーにとって厄介なものになると予想されます。
  5. 実際、ESMAにフィードバックを提供した22のNCAのうち、13は、国内法の下で加盟国に特別な扱いが存在しないことを示しました。これらの加盟国で設立されたクラウドファンディングプロバイダーにとって、ECSPRに基づく広範な要件を満たすことは大きな課題となるでしょう。
    それらの。クラウドファンディングに関連する法律、ECSPRの対象となる主要な組織および投資家保護の側面の一部またはすべて
  6. 残りの9つの加盟国(以前は専用のクラウドファンディング固有の体制を持っていた国)のNCAはすべて、ECSPRへの適応はクラウドファンディングプロバイダーにとって負担になると計算しました。
    2つのNCAは、必要な調整が中程度の負担になることを示し(いくつかの重要な調整が必要になる)、4つのNCAは、調整が負担になることを示した(いくつかの重要な調整が必要になる)、3つのNCA
  7. ECSPRによって確立された体制のいくつかの側面は、KIIS要件、ローンベースのクラウドファンディングオファー、利息の衝突、保管および支払いサービス、または入場に関する投資家向けの情報など、既存の組織で実装するのが特に難しいと特に指摘されました。知識のテスト。

 

3.2.2. 移行期間の恩恵を受けているクラウドファンディングサービスプロバイダーへのECSPRアプリケーションの現状

  1. NCAから収集されたデータに基づくと、2022年3月22日の時点で、クラウドファンディングサービスプロバイダーはECSPRの下で認可されていないようです。
    ESMAは、2022年3月22日以降、ECSPRに基づく許可が少なくとも1つ発行されていることを認識しています。
  2. また、この日付の時点で、現在移行期間を享受している推定271のEUプラットフォームのうち、15のクラウドファンディングプラットフォームのみがECSPRの下で承認を申請しているようです(つまり、ユニオンのクラウドファンディングサービスプロバイダーの94.5%は申請を申請していません)その時点でのECSPRに基づく許可の場合)。一部の加盟国では、許可プロセスを担当する管轄当局の指定が一部の加盟国でまだ検討中であるか、ごく最近行われたことにも注意する必要があります。
  3. 受け取ったこの低レベルの承認申請は、クラウドファンディングプロバイダーの数が多い一部の加盟国ではさらに顕著です。
    たとえば、フランス(推定人口:109のクラウドファンディングプロバイダー、2022年3月22日時点で提出された3つの承認リクエスト)またはイタリア(推定人口54のクラウドファンディングプロバイダー、2022年3月22日時点で提出された承認リクエストなし)。

ECSPRに従って承認を要求する際にクラウドファンディングプロバイダーが遅れる理由を特定

  1. 各クラウドファンディングプロバイダーの状況は異なる場合がありますが、利害関係者から受け取ったフィードバックに基づいて、ECSPR許可の申請におけるユニオンクラウドファンディングプロバイダーの遅延を説明する次の一連の理由を特定することは可能と思われます。
    • まず第一に、しばしば比較的軽い国の枠組みからECSPRによって確立された完全な体制への移行は、クラウドファンディングプロバイダーにとって大きな負担であり、ECSPRに沿って組織、手順、運用を大幅に再編成する必要があるようです。その結果、ユニオンのクラウドファンディングプロバイダーの大部分は、まだECSPRに準拠する準備ができていないか準備ができていません。この理由が遅延を説明する鍵となりました。
    • 第二に、EU SPRコンプライアンスに関連する運用コストの増加は、サプライヤーのマージンと収益性を低下させると予想されます。受け取ったフィードバックに基づいて、ECSPRは、クラウドファンディングプラットフォームが投資家(特に個人投資家)や最も魅力的なプロジェクト(特に、第1条(2)のポイント(c)で設定された5,000,000ユーロのしきい値のため)を引き付けることも困難にします。 ECSPR)。これにより、一部のプロバイダー(大規模なプロバイダーを含む)はビジネスモデルを再検討する必要がありました。
    • 第三に、多くのクラウドファンディングプロバイダーは、NCAに承認を申請する前に、内部手順を妥当なレベルの詳細に調整するためのTier 2アクションをまだ待っているようです。さらに、 ECSPRはさらに明確にする価値があります。多くのTier2措置がドラフト形式で利用可能であることを認めながら、ガバナンスの再構築と運用の取り決めに関連するコストにより、多くのクラウドファンディングプロバイダーが、全体的に安定した法的枠組みに依存するために必要な組織変更の実装を遅らせているようです。 。。
    • 最後に、COVID19のパンデミックとパンデミック後の状況による過去18か月間の財政の不確実性も、ECSPRに基づく許可申請の遅れの一因となっているようです。クラウドファンディングプロバイダーがECSPRの下で承認リクエストを遅らせることの潜在的な結果
  2. ESMAは、クラウドファンディングプロバイダーの大多数がNCAでECSPR許可を申請するのが遅れると、ヨーロッパのクラウドファンディング市場に悪影響を与える可能性があると考えています。
  3. まず、まだ申請していないクラウドファンディングプロバイダーの多くは、移行期間の終わり(つまり、2022年第2四半期の終わり)に向けて申請する可能性があります。このシナリオが実現した場合、NCAは多数の許可申請に直面します。一部の加盟国では、これは同時に数十の申請が提出されることを意味する場合があります。この突然の申請の洪水により、NCA、特にクラウドファンディング市場が強い加盟国のNCAは、移行期間が終了する前に、要求されたすべての承認を与えることが困難になります。 (つまり、2022年11月10日)。実際、この問題について意見を表明した21のNCAのうち、16は、そのようなシナリオでは、2022年11月10日までに加盟国に残っているすべてのクラウドファンディングサービスプロバイダーにECSPR許可を与えることは困難、非常に困難、または不可能でさえあると述べました。クラウドファンディング市場がより活発な加盟国のすべてのNCAが懸念を表明しており、2022年11月10日までに許可証を発行することは困難または不可能であることに注意する必要があります。
    それらの。残りのすべての承認リクエストは、第2四半期の終わりから第3四半期の初めまでの間にNCAによって実際に受信されます。
    21のNCAのうち、5つは2022年11月10日までにすべてのクラウドファンディングプロバイダーに許可証を発行するのは簡単なプロセスであると感じ、4つは難しいと予想し、6つは非常に難しく、6つは不可能だと感じました。
  4. 上記の結果として、移行期間が延長されないと仮定すると、(潜在的に重要な)数のクラウドファンディングプロバイダーは、2022年11月10日以降にクラウドファンディングサービスの提供(新しいクラウドファンディングサービスの開始を含む)を停止する必要があると思われます。
  5. これは、特に2つの結果をもたらします。
    • まず、タイムリーな承認を通過できないクラウドファンディングプロバイダーは、固定運用コストを引き続き負担しながら、顧客(投資家およびプロジェクト所有者)への請求を停止する必要があります。この状況により、これらのプロバイダーの一部が経済的リスクにさらされる可能性があります。
    • 第二に、2022年11月10日より前に認可されなかったクラウドファンディングサービスプロバイダーのプラットフォームで提供されている進行中のクラウドファンディングプロジェクトは、直ちに停止されるべきです。これは、そのようなオファーへの投資のパフォーマンスに悪影響を与える可能性があり、そのようなオファーにお金を投資した投資家に悪影響を与える可能性があります。

3.3. 技術的なアドバイス

ESMAは、CSAPRを実施するには、既存のクラウドファンディングプロバイダーが現在のガバナンスと運用の取り決めに大幅な変更を加える必要があることを検討するよう委員会に要請します。 ESMAはまた、欧州のクラウドファンディング市場がECSPRの第48条(1)に定められた移行期間を延長しないことの影響を慎重に検討するよう委員会に要請します。

委員会は、クラウドファンディングプロバイダーとNCAから受け取った情報に基づいて、多くのクラウドファンディングプロバイダーが2022年11月10日までECSPRの下で承認されない可能性が高く、したがってこれらのプロバイダーは仕事を続けながら、事業活動を中断します。固定運用コストを負担します。既存のクラウドファンディングサービスの停止は、移行期間のメリットを享受しているクラウドファンディングサービスプロバイダーのプラットフォームで提供されるクラウドファンディングプロジェクトに投資した経験の浅い投資家を含む投資家にも影響を与える可能性があります。

 

4. 国内クラウドファンディング市場の発展に対する規制の影響

4.1. 委任

委員会の助言要請からの抜粋

ESMAは、規則の第48条(3)に従って、より具体的には以下の側面に関して、国内法の下ですでに認可されているクラウドファンディングサービスプロバイダーの移行期間を延長する必要性を検討する際に委員会を支援するための技術的アドバイスを提供するよう求められます。

  • 国内クラウドファンディング市場の発展に対する規制の影響について

4.2. 分析

  1. セクション3で述べたように、2022年3月22日の時点で、ECSPRに基づく許可は発行されていません。したがって、ESMAはECSPRの影響について助言する立場にはありません。
  2. ただし、一部のクラウドファンディングプロバイダーから受け取ったフィードバックは、ECSPRの今後の適用に関連する必要な調整と不確実性が、特に多くのプレーヤーに慎重なアプローチをとらせたり、ビジネスモデルを再考させたりすることにより、クラウドファンディング市場に悪影響を及ぼしていることを示しています。
  3. 消費者保護の観点からは、移行期間の終了と、ECSPRに定められた要件の事実上の連合全体への適用により、EU全体の投資家に提供される保護のレベルが向上すると予想されます。経験の浅い投資家。ある欧州消費者協会は、移行期間の延長は、さまざまな制度(ECSPRや国内法など)がさまざまなレベルの消費者保護と共存する状況を長引かせるため、投資家にとって有害である可能性があると指摘しました。

4.3. 技術的なアドバイス

これまでクラウドファンディングプロバイダーがECSPR許可で運営を開始していないことを考えると、ESMAは実際の申請について委員会に助言する立場にはありません。

 

5. 移行期間の延長の関連性

5.1. 委任

委員会の助言要請からの抜粋

ESMAは、規則の第48条(3)に従って、より具体的には以下の側面に関して、国内法の下ですでに認可されているクラウドファンディングサービスプロバイダーの移行期間を延長する必要性を検討する際に委員会を支援するための技術的アドバイスを提供するよう求められます。

  • 移行期間の延長の便宜について

5.2. 分析

5.2.1. 消費者保護の観点からの拡張の関連性

  1. 国内法の多様性による既存の断片化された投資家保護システムに照らして、そしてEU全体の消費者協会によって確認されたように、移行期間を延長しないという決定は消費者保護を確実にするためにより適切でしょう。確かに、高レベルの保護を提供する調和のとれた一連の規則からできるだけ早く利益を得るのは、連合全体の投資家、特に経験の浅い投資家の利益になります。さらに、前述のように、消費者保護のレベルが異なるさまざまな制度(すなわち、ECSPRと国内法)が共存する状況の延長は、連合の投資家保護の全体的なレベルに悪影響を与える可能性があります。
  2. この重要な問題については、現在移行期間のメリットを享受しているクラウドファンディングプロバイダーの大多数が加盟国に登録事務所を持っていることは注目に値しますが、ある程度の投資家保護を提供する特別なクラウドファンディング体制が存在します。
    NCAから提供された情報に基づいて、次の9つの加盟国は、BE、DE、EL、ES、FI、FR、IT、NLで特別なクラウドファンディング体制をとっています。 NCAによると、22の加盟国の合計271のプロバイダーのうち、これらの9つの加盟国には234のクラウドファンディングプロバイダーがあります。

5.2.2. クラウドファンディング市場の観点からの拡大の関連性

  1. 利害関係者から受け取ったフィードバックに基づくと、セクション3.2.3で詳述されている理由により、かなりの数のクラウドファンディングプロバイダーがまだECSPRに従って運用する準備ができていないようです。移行期間を延長すると、クラウドファンディングプロバイダーは準備に時間をかけることができます。ただし、このような拡張は、クラウドファンディングプロバイダーが慎重なアプローチを取るための手段ではなく、できるだけ早くECSPRへの移行を促す手段であるべきです。
  2. さらに、セクション3で述べたように、現在国内法に従ってクラウドファンディングサービスを提供しているクラウドファンディングサービスプロバイダーから受け取った承認申請の数が非常に少ないことが懸念されます(つまり、22の加盟国のうち15のみが、ESMAにデータを提供しています。 271のクラウドファンディングプロバイダーのうち、同じ22の加盟国の推定人口)。
  3. 多くのNCA、特にクラウドファンディングプロバイダーの数が最も多い加盟国のNCAは、2022年11月10日までに多くのクラウドファンディングプロバイダーの申請を承認できないという明白なリスクがあります。すでに説明したように、これらのサプライヤーの停止による経済的影響は深刻であり、それぞれの国内市場に悪影響を与える可能性があります。

5.2.3. 拡大の可能性に関するNGOの意見

  1. このトピックに関する見解を表明した18のNCAのうち、10 6のNCAは移行期間の延長は望ましくないと考え、12のNCAはそのような延長が望ましいとの見解を表明した。
  2. 更新が望ましいと考える10のNCAは加盟国からのものであり、連合内のクラウドファンディングプロバイダーの総数の84%近く(271のうち227の企業)を表しています。

5.3. 技術的なアドバイス

移行期間の延長は合意された投資家保護規則の適用を遅らせるが、延長が実施されない場合、欧州のクラウドファンディング市場全体にとって危機に瀕するリスクは重大であるように思われる。このため、ESMAは移行期間の延長をサポートしています。同時に、ESMAは、このような拡張機能は、(i)ECSPRへの移行がさらに過度に遅れないように設計する必要があると考えています。また、(ii)承認リクエストが保留中の既存のクラウドファンディングプロバイダーが最終的にはないようにする必要があります。その活動を停止します。

したがって、ESMAは、現在国内法に基づいて運営されており、現在の移行期間が終了する前にECSPRに基づく認可を申請したクラウドファンディングサービスプロバイダーの利益のためにのみ、移行期間を延長する可能性を調査するよう委員会に要請します。

この目的のために、またNCAが受け取った申請の適切かつタイムリーな処理を容易にするために、ESMAは、2022年10月1日までにECSPRの下で承認を申請したクラウドファンディングプロバイダーにそのような拡張を拡張することを提案します。

クラウドファンディングプラットフォーム 規制(EU)2020/1503