ja

マーケットレビュー

この記事は法律上の助言ではありません。

米国の顧客のオンボーディング

完全にデジタル化された顧客登録は、多くのフィンテック企業が比較的短い時間枠で驚異的な顧客の成長を達成することができた方法です。1

フィンテック企業が新しい欧州マネーロンダリング防止指令などの特定のデジタル登録規則に依存できるEUとは異なり、米国でのデジタル登録には、標準顧客識別プログラム(CIP)および顧客デューデリジェンス(CDD)要件への準拠が必要です。 BSAおよびAMLコンプライアンスを確保するため。 CIP要件には、クライアントのIDの検証が含まれ、CDD要件には、企業クライアントの受益者のIDの識別と検証が含まれます。1

包括的なCIPの一環として、米国の金融機関と提携して顧客口座を開設するフィンテック企業は、口座を開設する前に次の情報を入手する必要があります。

  1. 名前
  2. 生年月日(個人の場合)
  3. アドレス
  4. 識別番号(たとえば、納税者番号)
  5. 政府発行の写真付き身分証明書(個人用)
  6. 法人の存在を証明する政府文書(法人の場合) 1

フィンテック企業は、リスクの高いクライアント向けに、包括的なCDDプログラムや強化されたデューデリジェンスプログラムを作成する必要がある場合もあります。1

ノート
  1. https://thelawreviews.co.uk/title/the-financial-technology-law-review/usa